不動産購入にかかる諸費用の概要

不動産購入の諸費用について詳しく解説
不動産を購入する際には、物件の価格だけでなく、新築物件の場合は物件価格の3~7%、中古物件の場合は6~13%の諸費用がかかります。
この諸費用には、仲介手数料や印紙税、保険料などが含まれます。
具体的な諸費用の詳細は以下の通りです。
仲介手数料
不動産会社が売買や賃貸契約を成立させた場合に支払われる報酬です。
成約した場合にのみ支払われるので、成立しなかった場合には支払う必要はありません。
仲介手数料の支払い時期は2つあります。
物件引き渡し時に一括で支払うか、売買契約時と物件引き渡し時に分割して支払うかのいずれかです。
仲介手数料の上限額は、宅地建物取引業法によって定められており、取引価格に応じて以下のようになります。
取引価格200万円以下:5%以内 (+消費税) 取引価格200~400万円以下:4%以内 (+消費税) 取引価格400万円超:3%以内 (+消費税) 例えば、取引価格が3,000万円の場合、計算は以下のようになります。
200万円 × 5% + 200万円 × 4% + 2,600万円 × 3% = 96万円
印紙税
不動産の購入契約書や金銭消費貸借契約書に必要な印紙を貼る際に課される税金です。
不動産購入時や金銭消費貸借契約締結時に発生します。
不動産を売買する際には、以下の諸費用がかかります。
契約金額に応じて支払う税金のことです。
500万円超~1,000万円以下の場合は5千円、1,000万円超~5,000万円以下の場合は1万円、5,000万円超~1億円以下の場合は3万円、1億円超~5億円以下の場合は6万円となります。
参考ページ:不動産購入にかかる諸費用とは?一覧から目安・手数料から税金まで解説
手付金
不動産売買契約の際に、買主が住宅ローンの本審査前に売主に支払うお金です。
契約成立の証拠として払われるものであり、買主が契約を解除した場合には手付金を放棄します。
以上が不動産購入にかかる諸費用の概要です。
契約解除時に売主が手付金を返金し、さらに同額を買主に支払います
通常、不動産の購入契約は一方的に買主が解除することが多いですが、逆に売主が契約を解除した場合、買主の損害を補償するために特別な取り決めがあります。
それは、売主が手付金を全額返金し、さらに同じ額を買主に支払うことです。
つまり、手付金を倍返しすることになります。
手付金は、物件価格の5~10%程度が一般的な目安とされています。
これは、買主が物件に真剣に興味を持っていることや、契約履行の意思を示すために支払われるものです。
もし、売主が契約を解除する場合、買主は手付金を返金されるだけでなく、同じ金額を手にすることになります。
これにより、買主は売主の契約違反によって生じる損害を少なくとも手付金の額分は補償されることになります。
手付金の倍返しの取り決めは、買主の保護を目的としています。
契約解除は一方的な行為であり、買主が売主に対して何らかの損害を受ける可能性があるからです。
また、物件の取引は多額のお金が動くことが一般的であり、契約を取り消された場合には、買主は他の物件を探すために時間と労力を費やさなければならないこともあります。
そのような損害を補償するために、手付金の倍返しの取り決めが存在するのです。
このような規定があることで、買主は売主に対する信頼を深めることができます。
また、売主も契約解除を慎重に考える必要があります。
契約を破棄する際には、契約書や法的な規定に基づき、買主への補償を十分に考慮する必要があります。

【プロが解説】元彼の感情と向き合う方法

元彼との関係を再構築する際、彼の感情を理解し尊重することは極めて重要です。感情的な理解と向き合い、適切な対処法を見つけるためには、いくつかのポイントを考慮することが大切です。

1. 共感と理解を示す。

元彼の感情を理解しようとすることは、再接触の初めのステップです。そのためには、以下のことを意識しましょう。

対話を通じて感情を聞く: 相手の立場や感情を尊重するために、対話を通じて彼の感情を聞くことが大切です。彼がどのように感じているのかを知ることで、対処法を見つけやすくなります。

例えば、彼が過去の出来事について不安や不満を持っている場合、彼の感情に耳を傾けることで、彼の不安を理解し、対処する方法を模索できます。

自分の立場を明確に伝える: 同時に、自分の立場や感情も率直に伝えることが重要です。感情的な理解は双方向であるべきです。自分の気持ちを誠実に伝えることで、お互いの理解が深まります。

2. 過去の問題に対処する。

過去の問題を解決するための対話: 過去に起こった問題や誤解が再発しないようにするために、対話を重ねることが重要です。過去の問題に対処するための新しい視点や解決策を探ることができます。

例えば、元彼との対話で、過去の誤解や意見の不一致について再考し、双方が納得できる解決策を模索しましょう。

共通の目標を持つ: 過去の問題に対処する上で、共通の目標を持つことが有益です。お互いに協力し、良好な関係を築くための目標を設定することで、問題解決への一歩を踏み出せます。

3. 感情をコントロールする方法。

感情的なコントロールを心がける: 感情的になり過ぎないことも大切です。感情が高ぶっている状況で対話を行うと、冷静な判断が難しくなります。感情的な状況での対話は、問題解決を阻害することがあります。

例えば、怒りや嫉妬などの感情が高まった時に、一度自分の感情を整理するための時間を取ることで、冷静な状態で対話を進めることができます。

感情と向き合う方法を学ぶ: 感情をコントロールし、建設的なコミュニケーションを維持するために、感情を扱う方法を学ぶことが重要です。

例えば、マインドフルネスや感情認知行動療法の手法を学ぶことで、感情をより良く理解し、適切に対処する方法を見つけることができます。

元彼との感情的な理解と対処法は、関係再構築の鍵となります。お互いの感情を尊重し、適切なコミュニケーションを通じて問題解決を図ることが、関係を再構築できます。

私が参考にしたサイトはこちら。復縁結び研究所

建物部分に消費税がかかる

建物部分にのみ消費税がかかる
建物の購入に際しては、消費税がかかるのはご存知でしょうか。
消費税は、事業者が納める税金ですが、実際には消費者が支払っている税金です。
消費税は「事業者が報酬を得るために行う商取引」に課税されます。
商品やサービスを購入するたびに、消費者は負担額に応じて消費税を支払うことになります。
ただし、非課税取引というものが存在し、この取引には消費税がかかりません。
非課税取引の一例としては、土地の譲渡や貸し付けがあります。
このため、建売住宅を購入する場合、土地の部分には消費税はかかりませんが、建物の部分には消費税がかかるのです。
仲介手数料にも消費税はかかる
建売住宅や中古住宅を購入する際には、仲介手数料という費用が発生します。
仲介手数料は、仲介会社が売り手と買い手の契約を取り次ぐサービスの対価として支払われる料金です。
この仲介手数料には消費税がかかるため、買い手には仲介手数料に加えて消費税が請求されることになります。
仲介手数料には上限があり、宅地建物取引業法(宅建業法)によって規定されています。
ただし、上限は会社や地域によって異なる場合があります。
そのため、具体的な仲介手数料については、事前に担当者に確認することがおすすめです。
担当者は、手数料の金額や支払い方法について詳しく説明してくれます。
参考ページ:建売住宅の消費税|建売住宅を購入する時の消費税ってどうなってる?
中古の建売住宅で売主が個人の場合は消費税がかからない
もしご自身が消費税の負担を軽減したいとお考えであれば、中古の建売住宅を購入するといいでしょう。
中古物件の場合、売主は不動産会社ではなく、個人の場合が多いです。
この場合、売主が個人であるため、消費税はかかりません。
例えば、建物価格が3,000万円の場合、これに消費税を加算すると300万円になりますが、中古物件の場合はこの消費税の負担がなくなります。
中古の建売住宅は、消費税の面で少しでも負担を減らしたい方にとって魅力的な選択肢となるかもしれません。
中古建売住宅を選ぶと消費税を免除できる理由
一般的に、不動産の売買においては、消費税は「課税事業者である売主」によって加算されます。
しかし、個人間での取引の場合は消費税が免除されます。
ですから、売主が個人である中古の建売住宅を選ぶことで、消費税を支払わずに済ませることができます。
これにより、かかるコストを抑えることが可能となるのです。

名古屋の不動産査定は無料!

名古屋の不動産査定は無料!
名古屋にお住まいの方で、不動産の査定をご希望の方には、無料で査定を行っています。
机上査定や簡易査定、または訪問査定にも対応していますので、ご希望に応じてお選びいただけます。
また、名古屋で不動産売買に関する相談も無料で受け付けていますので、お気軽にご相談ください。
名古屋市内を中心に不動産売却を行います
当社では、名古屋市内をメインの対象地域としており、さらに東京23区や川崎市、横浜市、京都市、大阪市、神戸市といった政令指定都市に関しても対応しています。
主に不動産売却を取り扱っており、名古屋市の16区を主なエリアとしています。
不動産売却時には選ぶ不動産会社で手取り額が変わる
不動産を売却する際には、依頼する不動産会社によって手取り額が変わってきます。
よくある話ですが、住宅ローンの返済に売却金額を充てたために手元に残るお金がない、ということがあります。
ですので、名古屋で不動産売買を考えている方にとって重要なのは、売却後に手に入る金額です。
当社では、他社とは異なるサービスを提供しており、杓子定規に仲介手数料を受け取るだけではなく、積極的な販売活動も行っています。
名古屋市の不動産売却に関しては、ぜひ当社にご相談ください。
全ての物件に360°バーチャルツアー&バーチャルホームステージングが標準で提供されます
専任媒介契約を締結していただくと、当社では全ての物件に対して、360°バーチャルツアー&バーチャルホームステージングを標準で撮影いたします。
360°バーチャルツアーは、平面画像ではなく上下左右すべてを画像で見ることができるシステムです。
動画のように一定の方向に自動で移動するため、室内全体を見渡すことができます。
参考ページ:名古屋市不動産売却 査定|名駅のゼータエステート 16区対応
バーチャルホームステージング
バーチャルホームステージングとは、空き家や空室の室内に実際に家具を配置するのではなく、CG技術を用いて元の画像に家具を配置するシステムです。
この方法を使うことで、購入希望者に室内のイメージをリアルに伝えることができ、非常に効果的です。
このバーチャルホームステージングは、実際に家具を配置する伝統的なホームステージング方法が欧米ではよく使われていますが、日本ではあまり普及していません。
その理由は、費用が高いことや家具を搬入・搬出する際の手間や傷の問題などが挙げられます。
仲介手数料が売れるまで半額
弊社では、専任媒介契約を締結していただくと、物件が売れるまで仲介手数料が半額になるサービスを提供しています。
このサービスは、弊社独自のものであり、他の不動産会社ではなかなか見かけることができません。
仲介手数料はクレジットカード決済が可能
専任媒介契約を締結していただくと、仲介手数料が半額になるだけでなく、お手持ちのクレジットカードでもその手数料をお支払いいただくことが可能です。
クレジットカード決済により、支払いの手間や手続きの簡便さを提供しています。

毎日の洗顔を見直し!敏感肌向け洗顔料の選び方

敏感肌の方にとって、洗顔は肌トラブルを避けるために欠かせないステップです。しかし、間違った洗顔方法や刺激の強い洗顔料を使用することは、肌を傷つけたり乾燥させたりする原因となります。そこで今回は、敏感肌の方が毎日の洗顔を見直す際に考慮すべきポイントと、おすすめの敏感肌向け洗顔料について紹介します。
敏感肌の方に必要な洗顔のポイント
1. 刺激の少ない洗顔料を選ぶ
敏感肌の方は、刺激の強い成分を含む洗顔料を避けることが重要です。界面活性剤や香料、アルコールなどの刺激成分が含まれていない無添加の洗顔料や、低刺激性の製品を選びましょう。また、合成着色料や防腐剤も避けることが望ましいです。
2. 保湿成分が配合されているか確認する
洗顔料は汚れを落とすだけでなく、肌の保湿をサポートする成分が配合されていると理想的です。ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合されている洗顔料を選ぶことで、洗顔後も肌の水分を保ちやすくなります。
3. 自然由来の成分を重視する
敏感肌の方にとっては、自然由来の成分が配合された洗顔料が適しています。植物エキスやオーガニック成分が肌を優しく洗浄し、過剰な刺激を与えることなく、肌を健やかに保つ助けになります。
おすすめの敏感肌向け洗顔料
1. 無添加洗顔料
無添加の洗顔料は、肌に余分な刺激を与えずに汚れを落とすことができます。界面活性剤や香料、着色料が含まれていない製品を選ぶと安心です。
2. 低刺激性の洗浄成分を含む洗顔料
肌にやさしい洗浄成分が配合された洗顔料は、汚れをしっかり落としながらも肌への負担を最小限に抑えます。敏感肌の方におすすめの製品を選んでみましょう。
3. ミルク状のクレンジング
クリームやミルク状のクレンジングは、肌をやさしく包み込んで汚れを浮き上がらせるため、敏感肌の方に適しています。洗浄力が穏やかでありながら、しっかりとメイクや汚れを落とすことができます。
まとめ
敏感肌の方が洗顔料を選ぶ際には、刺激の少ない製品を選ぶことが肝心です。無添加や低刺激性の洗顔料を選び、肌のバリア機能を守りながら汚れを落としましょう。また、洗顔後は適切な保湿ケアを行うことも大切です。自分の肌に合った洗顔料を見つけて、健やかな肌を保つためのスキンケアを心がけましょう。

住宅ローンの支払いが免除される

住宅ローンの返済免除は条件付きである
住宅ローンを借りる際、団体信用生命保険への加入が必要とされることがあります。
この保険は、債務者が死亡や重度の障害などで返済ができなくなった場合に保険金が支払われるものです。
保険金は金融機関に支払われるため、遺族は住宅ローンの返済が免除され、不動産を相続することができます。
住宅ローンは通常長期的に返済されるため、債務者の死亡によるリスクは考慮されます。
金融機関にとっても、債務者が亡くなると返済ができなくなり大損失となるため、団体信用生命保険への加入が必要とされているのです。
ただし、団体信用生命保険への加入があるからといって、必ずしも住宅ローンの返済が免除されるわけではありません。
いくつかのケースで返済免除の適用が受けられない場合があります。
まず、ローンの返済が延滞していた場合です。
ローンの返済期日や条件に適切に返済しなかった場合、信用生命保険は免除を受けることができません。
遅延していた期間については、返済の責任があります。
また、夫婦や親子など複数人で住宅ローンを組んでいた場合も、保険の適用が受けられないことがあります。
たとえば、共同契約者が死亡した場合、保険はその契約者の死亡には適用されません。
保険が契約者本人に対してのみ適用される場合、共同契約者の死亡による返済免除は受けられません。
以上のようなケースでは、団体信用生命保険に加入していたとしても、住宅ローンの返済が免除されることはありません。
従って、契約者は条件や適用範囲をよく理解しておくことが重要です。
参考ページ:住宅ローン死亡した場合|住宅ローンの返済中に死亡残りのローンは?
返済が滞っていた場合は団信が失効する可能性がある
住宅ローンの返済が遅れると、団体信用生命保険の契約が終了するかもしれません。
これは、金融機関が住宅ローンの利息から保険料を支払うことが一般的であり、返済が遅れると保険料の負担が難しくなり、契約が終了してしまう可能性があるからです。
このような状況では、「任意売却」という対処方法があります。
住宅ローンの返済が遅れると団体信用生命保険の契約が終了します
住宅ローンの返済が滞ってしまうと、団体信用生命保険の契約が打ち切られるおそれがあります。
なぜなら、多くの金融機関では住宅ローンの返済に充てられた利息から保険料を支払う仕組みになっているため、返済が遅れると保険料の支払いが困難になってしまうためです。
このため、保険契約が解除される可能性が高くなるのです。
このような状況では、「任意売却」という選択肢が考えられます。
住宅ローンの返済遅延により団体信用生命保険契約が終了のおそれがあります
住宅ローンの返済が滞ってしまうと、団体信用生命保険の契約が打ち切られてしまう可能性があります。
これは、銀行や金融機関が通常、住宅ローンの返済に充てられる利息から保険料を支払うことが一般的であるためです。
しかし、返済が遅れることにより保険料の負担が難しくなり、保険契約が終了することがあります。
このような状況では、「任意売却」という方法が考えられます。

同じマンションの買い増し

不動産取引における購入者の傾向
不動産の売買取引では、実際に物件を購入される方々は、物件の半径2-3km範囲内に居住している方や、配偶者のご実家が近隣にある場合が非常に多いです。
実際のデータから判断すると、約7-8割の確率でこのような方々が物件を購入されています。
特に名古屋市の不動産売買においては、土地や一戸建ての場合、隣接地や近くにある病院・寺院・会社・私立の学校などが購入される確率も非常に高いです。
不動産業界では「隣地は相場の倍を出してでも買え」という名言もあるほどです。
このように、隣接地の購入は非常に一般的であり、マンションにおいても親御さんやお子さん夫婦を同じ建物に住まわせるための目的で購入されるケースも非常に多いです。
このような現状を把握するために、この記事をご覧いただくことをおすすめします。
同じマンション内での買い替えが一般的
名古屋市の不動産売買においては、同じマンション内での買い替えが非常に多いです。
それにはいくつかの理由があります。
まず、現在のマンションに満足されている方々がいらっしゃいます。
現在の住まい環境や立地条件に満足されているため、同じ建物内での引っ越しを選ばれることがあるのです。
また、子供が増えてきたり成長して手狭に感じることから、より広い部屋への移動を希望される方もいます。
逆に、子供が巣立ち、コンパクトな部屋に引っ越したいと考える方々も存在します。
このような状況から、同じマンション内での買い替えが頻繁に行われるのです。
参考ページ:名古屋市不動産売却|隣の方や同じマンションで欲しい人もいる!
隣地購入は価値のある買い物
不動産の購入の中でも、隣地を購入することは非常に価値のある買い物です。
もし隣の土地を購入する機会がある場合は、積極的に検討する価値があります。
しかしながら、隣地購入は限られた市場で行われる取引であるため、価格の透明性は低いです。
高い価格でも隣の土地を購入したいと考えている方でも、適正な価格を把握することは難しいことも多いです。
そこで、この記事では「隣地購入」について詳しく説明します。
この記事を通じて、隣地購入のメリットやデメリット、相場、手続きなどについて理解を深めることができます。
隣地購入でマンション内での買い増しを行う方法
同じマンション内での買い増しは、もう一部屋を購入することを指します。
この隣地購入をする目的は、主に「親御さんを近くに呼ぶ」ためです。
実際に私が経験した事例では、同じ県内の異なる都市から引っ越してきたご両親が、娘さん夫婦と同じマンションにお住まいになりました。
このような隣地購入をすることで、家族の近さや便利さを確保できるため、多くの人々が同じマンションでの買い増しに興味を持っています。
親御さんが別の場所に住んでいる場合でも、同じマンションで暮らすことで思いやりのある支援が容易になります。
また、子供夫婦にとっても、安心して親御さんをサポートすることができるため、心理的な面でもメリットがあります。
さらに、同じマンション内での買い増しは、一つの住居としての利点も持っています。
例えば、新たに家族が増えた場合や、趣味のスペースが必要になった場合など、追加の部屋を使うことで生活の柔軟性が高まります。
また、隣地購入によって所有するマンションの面積が増えるため、将来的な投資価値の向上を期待することもできます。
しかし、隣地購入を行う際には注意点もあります。
まずは、予算やローンの計画をしっかり立てることが重要です。
買い増しによる追加の負担や月々の支払いについて、自分の経済状況や将来の見通しを考慮しましょう。
また、マンションの管理組合や規約などにも目を通し、買い増しに関する制限や手続きを把握しておくことも必要です。
同じマンション内での買い増しは、家族の絆を深めるだけでなく、生活の柔軟性や将来の投資価値向上の可能性もあります。
しっかりと計画を立て、引っ越しや家族の状況に合わせて隣地購入を検討してみてください。

書類はしっかりと確認して準備する

手続きを進めるためには、必要な書類を揃えることが重要ですので、注意して確認して準備しましょう。
特に車検証や自賠責保険の証明書などは、普段から車の中にあるものだと思っているために、十分に確認しないことがあります。
万が一紛失した場合でも再発行は可能ですが、届くまでに時間がかかることがあります。
そのため、売却手続きも遅れる可能性がありますし、予定日が変わることで査定額が下がることも考えられます。
必要な書類は事前に確認して準備しておくことがとても重要です。
また、契約後にはできる限りキャンセルは避けましょう。
契約後にキャンセルすると、通常はキャンセル料が発生します。
そのため、トラブルを避けるためにも、契約をしっかりと検討し、決断した後にはキャンセルしないようにしましょう。

20代マイホーム購入メリット

20代でマイホームを購入することのメリット:将来の不安要素を軽減する
20代でマイホームを購入することは、将来の不安要素を軽減するメリットがあります。
一般的な住宅ローンでは、毎月の返済額を一定にするために返済期間を長くすることができます。
そして、20代で購入することで返済期間が35年を超えても、まだ定年前に返済を完了することが可能です。
このため、年齢が上がるにつれて住宅ローンを組むことは難しくなりますが、20代での購入により、資金計画に余裕を持たせることができます。
例えば、20代で住宅ローンを組むと、最長で35年の返済期間になるため、借入可能額が増えます。
さらに、長い固定期間を設定することで、月々の返済額を抑えることができます。
また、若い時期に住宅ローンを組むことで、将来の収入増加による負担の軽減も期待できます。
これにより、生活や将来計画においてより柔軟な選択肢を持つことができるでしょう。
20代でマイホームを購入することの注意点:将来の変化に備える必要がある
一方で、20代でマイホームを購入することには注意点もあります。
特に、将来の変化に備える必要があります。
20代は将来についてまだ不確定要素が多く、転居の可能性や家族構成の変化などが予測できません。
そのため、将来的に家を売却する必要が生じた場合、早期に購入したことによる損失が生じる可能性もあります。
また、20代の場合、将来のキャリアや収入面での変化も予測できません。
転職や収入の減少などがあった場合、住宅ローンの返済に支障を来す可能性もあります。
そのため、将来の見通しを考慮し、十分なリスク管理を行うことが重要です。
以上のように、20代でマイホームを購入することにはメリットもありますが、将来の不確定要素に備えて注意する必要もあります。
参考ページ:マイ ホーム 購入 20 代での不動産購入は早いのか?メリット・デメリットを解説
住宅ローンを返済することで手元に財産が残る
不動産を購入することには、将来的なメリットがあります。
毎月家賃を支払うよりも、住宅ローンの返済を始めることで、将来的には手元に財産が残ります。
賃貸住宅に住んでいる場合、家賃を支払っても、支払ったお金は自分のものになりません。
しかし、早いうちに住宅を購入してローンを返済することで、賃貸にかけたお金の代わりに、住宅ローンの返済に充てることができます。
そして、ローンの返済が終われば、その住宅は自分の財産として手元に残りますので、将来的に非常に満足感を得ることができるでしょう。
また、不動産の価値が上昇した場合、将来的には売却することで利益を得ることもできます。
ですので、資金計画や将来の見通しを考慮しながら、慎重に判断することが求められます。

不動産を売る時の5つのメリット!

不動産を売る時の5つのメリット!
不動産を売却する際に、どの不動産業者を選ぶべきか悩んでしまうことがありますよね。
一般的な不動産業者は、仲介手数料の上限を請求してポータルサイトに物件を掲載するだけです。
しかし、ゼータエステート株式会社は不動産売却に特化した専門業者であり、売主の皆様には以下の5つのメリットを提供しています。
この記事では、その5つのメリットについて詳しくご説明いたします。
ゼータエステート 不動産を売る時の5つのメリット!
ゼータエステート株式会社は、不動産売却に特化した業者として、売主の皆様に以下の5つのメリットをご提供しています!
その1 仲介手数料が売れるまで半額!
ご売却いただいた場合、仲介手数料は専任媒介契約により売れるまで半額となります。
売却時の手取り金額にご注目ください。
その2 仲介手数料がクレジットカードで支払い可能!
仲介手数料はクレジットカードでお支払いいただくことができます!現金での支払いとは異なり、クレジットカードで支払うことでポイントがたまります。
参考ページ:不動産売却「5つのメリット」で他社とは違う売主様へのサービス
今やキャッシュレスの時代
名古屋市区役所や市税事務所での支払いや、固定資産税評価額等証明書の取得など、QRコード決済やクレジットカードを利用することができる時代です。
現金での支払いはもはや過去のものであり、クレジットカードでの支払いを選択することでポイント還元を受けることができます。
例えば、家電量販店でクレジットカードを利用して電化製品を購入すれば、ポイントが貯まります。
そして、そのポイントをマイルに変換してグアム旅行やハワイ旅行に行くこともできます。
不動産売買の仲介手数料の支払いにおいても、クレジットカード決済が主流となっております。
スーモ・ホームズ・Yahoo!不動産の3つのサイトへの掲載
不動産を売却する際には、スーモ・ホームズ・Yahoo!不動産の3つのサイトに掲載することで、幅広い購入希望者を見つけることができます。
これらのサイトは、利用者数が多く、様々な人々が不動産情報を検索しているため、効果的な販売手段となります。
360度動画・バーチャルツアーが標準!
不動産を売却する際、空室や空き家の場合には、360度動画やバーチャルツアーが標準的な方法となります。
これまでは、平面画像が主に使用されていましたが、現在は360度動画やバーチャルツアーが一般的です。
この方法を使用することで、購入希望者によりリアルな不動産の状態を伝えることができ、より効果的な情報提供が可能となります。
空家・空室物件には照明器具を取り付け!
空家や空室の物件では、照明器具の取り付けが必要です。
なぜなら、室内が暗いと、案内をしても購入意思決定がされないことがあります。
特に、電気が通っていない場合には、子供が泣き出してしまうこともあります。
また、浴室やトイレ、洗面所は特に暗いと大人でも不安を感じることがあります。
ゼータエステートでは、LED照明器具を取り付けることで、室内の明るさを確保し、必要な場合には付けることも可能です。
空室の場合には、電気を通すようお願いしていますが、電気代は売主の負担となります。
ただし、LED照明器具のため、電気代は比較的少なく済みます。
また、ブレーカーのアンペアを15アンペアに下げることで、電気料金の削減にも繋がります。